不安定な状況を解決する為に転職

人々が再就職先を探す理由も様々ですが、その1つに安定性があります。現在どこかの会社で働いているものの、中にはあまり安定していない方々も見られる訳です。

ですが転職活動でその解決が見込めるので、お仕事を探す方々も多く見られます。

1.会社の経営状況に関する不安定さ

そもそも会社の経営状況というのは、必ずしも順調であるとは限りません。中にはちょっと経営が不安定な会社も見られる訳です。

会社によっては、倒産の危機などに見舞われている事もあります。そのような会社で働く従業員としては、やはり不安を感じてしまう傾向があるのです。

まして正社員の方などは、将来を長期的視野で考えている事も多いでしょう。会社が不安定な状況になってしまえば、やはり不安を感じるのも自然です。

2.収入に関わる安定度の不安

それと中には、収入に関して不安を感じている方々も見られます。というのも一部の会社では、必ずしも収入が安定していない事もあるのです。

勤務時間が少々不安定な会社の場合は、必ずしも従業員の給料が安定しているとも言えません。それと、中には成果主義を採用している会社もあるでしょう。

そのタイプの会社の場合、毎月の給料が一定しているとは限らないのですね。時には不調になってしまい、給料が大きく下がる事もあるのです。

もちろん家族を養う必要がある方としては、収入に関わる不安定さが生じるのは良くないでしょう。

3.中には安定度が高い会社も

上記は不安定な会社の事例ですが、その逆にかなり安定している所が見られるのも事実です。例えば上場企業ですね。

大手の会社の場合は、総じて福利厚生なども充実している事が多いですし、資金体力などにも余力が見られるケースが目立ちます。それだけに大手企業で働く従業員の方々は、やはり安定度の高さを感じている事も多いです。

また創業年数が長い会社なども、かなり安定度は高めと言えるでしょう。会社の年数が長いだけに、そう簡単には倒産しないケースも多いのです。

4.安定度の問題点を解決する為の転職

以上を踏まえると、次のような事が言えるでしょう。

・経営状況が不安定な会社もある
・給料が不安定な所も
・中には安定度が高い会社も
・安定している会社に転職する選択肢もある

つまり現在の会社が不安定だと思っている時には、転職活動をしてみる選択肢もある訳ですね。現にそれで、成功している事例は沢山あります。

今までは経営状況が危うかった会社で勤めていたものの、ある人材紹介会社から紹介された会社に転職をした結果、経営状況が安定している会社で働けるようになった事例も見られます。

それで毎日の充実度がアップしたケースも、多々見られる訳ですね。

●不安定ならば転職する

現在お勤めの会社で頑張っても、会社の安定性が改善すると限りません。むしろ転職をする方が正解な事も多いのですね。

正しい仕事を探すとなると色々と不安も多いかもしれませんが、前述の人材紹介会社のように、それをサポートしてくれる所も沢山あります。不安定さが感じられる時は、思い切って転職をしてみるのも良いでしょう。

年収への不安で仕事を変えたい時はスキルを見直そう | 転職サイト

経理担当者のための転職心得を紹介します

会社のバックオフィスに必ず必要な人材として上げられるのは経理です。特に専門職の強い仕事となるので企業側も新卒を一から育てるという形よりもある程度知識のある担当者を中途で採用することが多く。

また、急な退職に対応するために経理経験者を求める場合が多いです。そのためにも転職には多少のコツが必要です。

転職トレンド「ベンチャー企業が、上場体制構築を一手に担う経理

1.簿記以外に必要な経理スキル

転職の際に必要なスキルとして履歴書上で重要視されるのは「EXCELスキル」です。膨大な量の数値を扱う経理の仕事はEXCELを駆使することが多いです。

EXCELが使いこなせるか使いこなせないかで、会計数値を取りまとめる時間や正確性が大きく変わります。そのため企業が求める経理の人材には簿記知識はもちろんんことEXCELスキルが大前提となります。

そのもっともたるスキルに「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」があげられます。

履歴書にスキルが記載されているかどうかで人事担当者及び会計担当者はあなたがどれくらいEXCELを使いこなせるのかを一目でわかるすばらしい資格です。

いくら私はこんな風に数値を集計できますといってもやはり資格あるとないとは心象が違います。資格取得自体は独学でとても大変というものではありません。

業務で使っている方ならば資格取得が出来る可能性が高いので、転職活動を行う前に一度チャレンジしてみてください。

PCスキル以外に必要なものは「英語」です。現在、海外に拠点を事業所がある会社も少なくありません。

英語が話せなくても書類上英語を使う。ほとんど必要ないけれど海外事業所の経費を精算するのに領収書が英語記載になっているためある程度の知識は必要になる。

シチュエーションはさまざまです。「英語検定」「TOEIC」など英語スキルに関する資格は多種多様あります。
外資企業などを転職先の候補に挙げている方はこちらも有利に転職を進めることが出来るのでオススメです

2.転職活動するときは必ず転職エージェントを利用する

新卒での入社と違い転職活動は自分ひとりではなく、転職エージェントを利用することが大切です。

エージェントを利用することにより自分ひとりではとても集められない求人数の中から自分の希望に合った条件をある程度絞って紹介をしてもらえます。

その点でも通常の仕事を抱えて転職活動をする負担が減ります。自分の転職を希望する企業で働く人の雰囲気などエージェントの方から話を聞けたりと事前の情報がたくさんもらえるのもメリットです。

現在の転職状況などを話が聴けるなど自分にとってメリットが多いんで一度は利用してみると良いでしょう。

3.経理の求人数は圧倒的に秋口から急増する

なぜ秋口に求人が増加するのか?その答えは決算時期にあります。日本の企業の多くの決算期は3月です。人材が付属している経理部に関して、繁忙期といえる3月及び4月に採用するということはまずありません。

採用したところで業務を教えたりする余力がそもそも決算期におけるチーム内ではないに等しいからです。

逆に言えば、一番経理という仕事が繁忙期を迎える4月の決算処理作業を行う人材を採用するのは逆算して半年ほどまえです。

そう、10月、11月ごろに採用をして会社に慣れてもらう意図に加え月次作業を数回繰り返すことにより決算に向けての基礎知識を増やすということです。

そのため、多くの企業は年末年始前を避けて秋口に経理の求人採用を始めることが多いためです。

●以上の観点から

効率的に転職活動を行うには、秋口に転職活動をはじめることを目標に夏頃までに必要な資格を取得する。

夏から秋にかけて転職エージェントに登録し、エージェントと具体的な転職活動の話を聴く。秋口の求人が増えるころに本格的な転職活動を行うことにより多くの優良な求人に出会うことができます。

高収入の求人に魅力を感じて転職をする理由

転職活動をする方々の理由の1つに、高収入があります。数ある求人広告を見ますと、たまに高収入との文言が明示されているでしょう。

そういった求人に興味を覚えて、転職活動を行う方々も見られる訳です。主に現在の収入に不満がある方などは、高収入の案件に魅力を感じている傾向があります。

1.給料に関する不満

そもそも人々が受け取っている給料は、必ずしも妥当とは限りません。中には、あまり妥当でない給料の方も見られるのですね。例えばある会社で勤めていて、そこでの月収が20万だとします。

ところが人によっては、20万では不服だと感じている事もあるのです。20万ではなく、本来ならば25万程度は受け取れるべき等とお考えの方々も見られます。

2.給料アップが見込めない不満

それと会社によっては、なかなか給料アップが難しい事もあるのです。例えばある会社で勤めて、6年ほど経過したとします。

かなりその会社に貢献をしたので、そろそろ給料がアップしてもおかしくないと思ったとしましょう。ですが給料が上がらない会社も、珍しくないのですね。

いわゆる成果主義などが採用されていない会社などは、なかなか給料もアップしづらいでしょう。そこで働く会社の従業員からすれば、やはり不満を覚えてしまう訳です。

3.他の会社ならば高い収入も望める

それで冒頭で述べた求人広告ですが、高収入などと明示されているケースも多々あります。実際そのような求人の場合は、確かに給料も高めになっている事も多いです。

日給換算で12,000円以上の求人も多く見られますし、時給換算で1,200円以上の案件などを数多く見られます。

上記のような給料に関する不満点を抱えている方々としては、そのような求人には大きな魅力を感じる訳です。現在の会社の給料が低めでも、そのような高収入の会社に再就職する方法もあるでしょう。

4.頑張りが給料に還元されるのを望む

それと上記のような給料アップに関する不満がある方などは、案外と営業職に憧れている事も多いです。営業職の場合は、たいていは歩合制が採用されていますね。

会社の商品を販売した数によって、給料がアップするシステムになっているので、その分給料アップも望めるからです。

頑張った分はきちんと給料に還元される訳ですから、「大きなやりがいがある仕事ではないか」と思う方々も珍しくありません。

営業職ではそのようなお仕事も非常に多いため、なかなか昇給が望めない会社でお勤めの方などは、営業職に転職をするケースも目立ちます。

5.人々の転職理由で最も多い給料への不満

ちなみにある時に、転職活動を行う方々に対するアンケートが実施された事もあります。その際に回答した方々は大部分は、給料が不満だと感じていたのです。

他の回答内容と比べると、圧倒的に多い回答数でした。ですので転職理由と収入との間には、密接な関連性がある訳です。

●給料への不満の理由により転職

いずれにしても次のような事が言えるでしょう。

・給料への不満
・昇給が望めない事への不満
・不満解消のために転職をする

現にその転職活動によって、給料が大きくアップしている事例も非常に多いです。

中には300万ほど年収がアップしている事例も見られます。給料に関する不満などがあるなら、思い切って転職を検討してみるのも一法でしょう。

年収1000万円の解説書~手取り、税金、職種など – ランスタッド

転職で、年収ダウンを避ける方法とは

転職をしても年収が上がるとは限らず、逆にダウンしてしまうこともあります。これは各種手当の問題だけでなく、企業規模の影響もあるからで、中には減給や降格を制度として設定している企業もあります。

入社時よりも待遇が良くなる企業ばかりではないため、その点も良く確認しておくことが重要です。

1.交渉や調整も重要

転職の際に年収が下がることも多く、これは主に大手企業から中小企業などへ企業規模が小さくなった際に起こりがちです。

手取りだけでなく福利厚生面にも注意する必要があり、会社独自の年金制度を設けていないなど、制度自体が全く異なる場合もあります。

年収を維持するには何らかの役職に就くことや年収の交渉など、事前の調整が必要になることも多くなります。ただ求人に応募するだけでなく、自分を高く売り込むことが重要になってくるのです。

年収アップのための給与交渉術 希望額提示編|転職 … – イーキャリア

2.管理者向け求人などを活用する

年収ダウンを避けるためのポイントは、管理者向け求人や、それより上のエグゼクティブクラスの求人を視野に入れる必要があります。

当然ハードルも高くなり、自分の実績やスキルをしっかり磨いておかないと書類選考の時点で落ちてしまうこともあります。重要なのは実力と実績であり、スキルも経験も無ければ年収ダウンを避けるのが難しいのです。もちろん、中小企業から大企業に移ればそれだけ年収もアップする可能性もあります。

しかし、中途採用はそれだけ倍率が高く、出世も難しくなることは理解しておく必要があります。

大企業の管理者向け求人となればさらにハードルが上がるので、実際の業務成績以外にも積極的に資格の取得を取得するだけでなく、各種ビジネススクールに通う等自己研鑚も必要になるのです。

3.非公開求人も多い

条件の良い求人は非公開の場合も多くなります。これは転職エージェント経由で実務経験者など、条件を満たした人物に打診した方が労力を減らせるからです。

会社のホームページなどで大々的に募集する場合もありますが、この場合はかなりの競争率が想定され、よほど能力自信があるか、その仕事に尽きたいと言うモチベーションがなければ採用は難しくなります。

そのため、多くの転職エージェントサービスに登録し、スカウトメッセージを受け取れるように準備しておくことも重要で、アンテナを広く張ることで仕事を見つけやすくすることも大切なのです。

●上昇志向が重要になる

上昇思考がなければ転職が年収ダウンに直結してしまう場合もあります。

・会社と交渉や調整を行う
・管理者向けの求人を利用する
・非公開の求人を探すために転職エージェントに登録する

など、工夫が必要になります。能力があり、年収に不満がある場合は積極的に会社と交渉を行うのも方法です。会社の意向に従うだけでなく、対等に交渉できるかが能力の目安となるケースもあります。

また、出世や昇給には時間がかかるため管理者向けなど、高いスタートラインを目指す事も重要です。

非公開での求人も多いため、良い仕事を見つけるためには仕事を探すチャンネル数も大きく関わってくるため、年収ダウンを避けるためには積極的な活動も大切になるのです。

希望する年収を明確にしてからお仕事を探す

転職活動をする方々には、たいてい年収に関する不満があります。そして転職活動がその解決策になる事も多いので、それをきっかけにお仕事を探す方も多いです。

その際に、応募先の企業に対して希望年収などを伝えるケースも多々あるのです。ちなみに一部の会社では、それに関わる代行なども行ってくれます。

1.給料に対する不満があるので再就職先を探す

そもそも人々は、必ずしも現在の会社の給料に、満足しているとは限りません。中には、ちょっと少なめだと感じる方も見られるのです。

会社から受け取っている年収が320万前後だとします。それでは不服だと思うケースも、多々ある訳ですね。320万ではなく400万などが妥当と思うなら、他の会社への転職も一法と言えます。

現に他の会社で勤めるようになったら、収入が大きくアップしている事例も多々あるのです。中には数百万ほど年収がアップした事例も見られます。

2.面接時に希望年収を伝える

ところで年収に関する不満がある以上は、もちろん自分なりの希望年収なども存在するものです。

それでいざ転職の面接を受ける場合は、人事担当の方にそれを伝える事もあるのですね。というのも転職活動では、面接にて年収に関わるやり取りをするケースもあります。

例えば人事担当の方から、「当社で働く事になったらどれ位の年収を希望しますか」等と言ってくれる事もあるのです。その際に年収を提示すれば、その給料を約束してくれる事もあります。

3.年収に関わる交渉をする事も

私の年収のやり取りの際に、人事担当と交渉をする事もあるのです。例えば人事担当の方から、当社では350万になります等と伝えられたとします。

この際に面接を受ける応募者としては、もう少し高めな金額を持ちかけてみる方法もあるのです。370万ならば入社します等と伝える方法もあります。

現にその交渉によって、より年収が高めな会社に入社できる事もあるので、試しに交渉をしてみるのも一法なのですね。

ただ交渉をするにしても、自分の希望年収を明確にしておくべきでしょう。金額が曖昧では、交渉も前に進まないからです。

4.エージェントなどに代行をお願いしてみる

ところでどこかの会社への転職を行うとなると、エージェントに任せる方法もあります。いわゆる人材紹介会社などを経由する方法もあるのですが、そこに対しては年収の交渉を任せる事も可能なのですね。

そもそも年収の交渉をするにしても、なかなか言い回しが難しい一面もあるでしょう。言い回し1つで、人事担当に悪い印象を与えてしまいかねません。

それよりエージェントの担当者に任せる方法は、確かに無難な一面もあるのです。ですので交渉が難しいと思った時は、エージェントに相談してみるのも一法でしょう。

知らないと損をする!『人材紹介サービス』徹底活用術|【Tech総研】

●希望年収を決めて転職に臨む

以上をまとめると、次のような事が言えます。

・面接で希望年収を伝える事もある
・希望年収に関わる交渉で給料が上がることも
・エージェントに交渉を任せる選択肢もある

エージェントに任せるにしても、自分で交渉を行うにしても、まずは希望年収を明らかにしておくべきですね。

きちんと自分の希望条件を整理してからエージェントなどに登録をする方が、良いお仕事も見つかりやすくなるでしょう。

天職を見つけるのは難しい。転職を繰り返さないために

天職を見つけるのは難しく、多くの人が何かしらの不満を抱えながら働いています。

仕事をしていても充実感を得られないことから転職を繰り返す人もいますが、天職だと思える仕事を見つけられるのはごく一握りで、ある程度の妥協や現実的な選択をとらざるを得ないのです。何を持って天職とするかを深く考える必要があります。

1.漠然とした不満ではなく、やりたいことを明確に

仕事に対して不満を抱える人は多いものの、どのように不満を抱えるかは人によって違います。不満の種類を正確に分析することも重要で、思い込みで動けばまた同じことの繰り返しになってしまいます。

例えば、仕事がうまくいかない理由を企業の体制の性にしてしまうことはよくあることです。自分の実力不足であっても、身近に不満をぶつける対象があればぶつけてしまうのが人間の性質といえます。

いわゆる八つ当たりで、人間関係で八つ当たりを頻繁に受けることから職を変えることを考えた人も多いはずです。

実際に会社の企業体質自体に問題がある場合や、人員配置に問題があるケースもありますが、自分の不満は果たして客観的に見ても正当なものであるかは考える必要があるのです。

2.解決策は転職以外にないのか

多くの人はある程度の不満を抱えながら仕事をしています。天職を見つけても何かしらのハードルで辛くなることは存在するため、常に楽しい状態を維持するのはほぼ不可能といえます。

また、適正があるのと充実感が伴うはまた別の話なので、天職を自分で自覚しているとも限らないのもポイントになります。大切なのは問題解決能力で、実際に壁にぶつかった際にどう解決していくかです。

ただ問題を解決するだけでなく、周囲の環境やシステムを巻き込んで改善してしまう人もいます。これはリーダー気質であるだけでなく、集団での生産性を挙げる適性が高い証左とも言えます。

一方であくまで個人で解決することにこだわるようであれば組織の中で限界をきたす可能性もあります。責任感が強いことは良いことですが、独立起業の方が向いている可能性もあるため、視野を広く持って考えることも大切です。

3.業種や業務は適正か

天職を見つけることは難しいものですが、自分がやりたいことと業種や業務が乖離している可能性もあります。

条件中心で仕事を選んだ場合に起こりがちな事ですが、例えば成果を挙げただけ評価されたい人は、事務系の仕事にはあまり向いていないと言えます。

逆に環境の変化に弱く、地道に一つのことをつづけることに喜びを見出す人は事務系の仕事の方があっています。天職を見つけたいのであればある程度のリスクは覚悟し、給料が下がることや労働条件が悪くなることも覚悟した方が良いのです。

もちろん、適正があれば新しい職場で出世を重ねられる可能性もあります。大きな企業であれば配置転換などを申し出てから転職を考えるなど、出来ることをやってからの方が後悔する確率は減ります。

●天職はなかなか見つからないもの

天職を見つけるのはなかなか難しく、様々なハードルが立ちふさがります。しっかりを状況をまとめることも重要で、

・やりたいことを明確にする
・解決策は転職以外にないのか確認する
・業種や業務は適正化

など、自分の目的や適性を見極めることも大切になります。

天職を繰り返さないためにも条件よりも充実感を選ぶと言うのも一つの方法ですが、転職より先に配置転換を願い出ることから始めるなど、自分自身の能力の検証をしてからの方が転職に生かしやすくなります。

【意外と馬鹿に出来ない】転職時期などを占いで決める

科学がはびこっているこの現代社会において、占いで転職する時期や方位を決めるのは一見すると非科学的な事のように感じます。

ですが過去の仕事がうまくいかなかった時期・ハズレの仕事などを占いで見返してみると、占いの方位や仕事運などともピタリと一致している事も多いのです。

転職する際には複数の求人に迷うような事があったら、ゲンを担ぐつもりで占いを利用してみるのも良いかもしれません。

転職|30代、40代の転職は【ミドルの転職】エンジャパン

1.転職の際には四柱推命の吉報位がとても大事!

占いの中でもよく当たると人気なのが四柱推命です。良い時期や悪い時期などを歳や月ごとに導き出してくれたり、行動を起こしたり転居したりしない方が良い凶方位や、積極的に行動に取り入れたい吉報位なども教えてくれます。

意外とこの吉報位が馬鹿に出来ず、うまくいかなくなり始めた時期や微妙な職場に当たった時期に吉報位を調べてみると、見事凶方位に位置していたなんて事もあるのです。

四柱推命などの占いでは、

・吉方位や凶方位
・月ごと・日ごと・年単位での良い時期・悪い時期
・今がどれほどツイてる時期か・ツイてない時期か

…がわかります。

2.過去や現在の占い結果を調べて当たるサイトを参考にしよう

比較的良く当たるとされている占い方法でも、占いが公開されている本や占い師などによっても占い結果には差があり、当たる・当たらないという事にも差があります。

インターネットなどで占いを参考にする場合、過去の占い結果をチェックしてみてください。過去の自分と過去の占い結果がよく一致しているサイトを参考にした方が、これからの自分を占う際にも当たる可能性が高いかもしれません。

占いを気にするタイプの人はそういったサイトを参考に吉方位・凶方位を確認し、転職する際の会社選びに活用するのが良いでしょう。

3.占いはあくまでも参考程度に

占いを気にするあまり、良い条件の求人を出している会社が吉方位ではなかった…など、なにかと方位を会社を受けない理由にしてしまうと、転職の機会を多く逃してしまう事にもつながりかねません。

とても良く当たる占いの場合は凶方位にだけとりあえず気を付ける事にして、あくまでも参考程度に留め、みすみす良い求人を受けるチャンスを逃さないようにするのが無難と言えます。

凶方位や運勢が悪い時期の転職は、入ってすぐに悪い事が起こる場合もあれば、運勢が悪い時期に会社を選んだ数年後にとても悪い事が起こる場合など、様々です。

占いのせいではなくただ運が悪かった・考えすぎと言わればそれまでですが、あらかじめ運勢・方位を調べておく事で悪い運気のある方位を避け、良い方位だった場合には選択は間違っていないと思う事が出来、求人に積極的に応募できる手助けとなってくれるかもしれません。

●占いは良い暇つぶしにも

無職の時には暇な事も多いですから、次の職場へ思いを馳せつつ占いをしてみるのも良いでしょう。

吉報位は意外と馬鹿に出来ないですし、よく当たる占いの為毎年新年になると書籍をわざわざ購入している人もいる程です。あくまで参考にしつつ、転職活動に占いを取り入れてみると良いでしょう。