転職で、年収ダウンを避ける方法とは

転職をしても年収が上がるとは限らず、逆にダウンしてしまうこともあります。これは各種手当の問題だけでなく、企業規模の影響もあるからで、中には減給や降格を制度として設定している企業もあります。

入社時よりも待遇が良くなる企業ばかりではないため、その点も良く確認しておくことが重要です。

1.交渉や調整も重要

転職の際に年収が下がることも多く、これは主に大手企業から中小企業などへ企業規模が小さくなった際に起こりがちです。

手取りだけでなく福利厚生面にも注意する必要があり、会社独自の年金制度を設けていないなど、制度自体が全く異なる場合もあります。

年収を維持するには何らかの役職に就くことや年収の交渉など、事前の調整が必要になることも多くなります。ただ求人に応募するだけでなく、自分を高く売り込むことが重要になってくるのです。

2.管理者向け求人などを活用する

年収ダウンを避けるためのポイントは、管理者向け求人や、それより上のエグゼクティブクラスの求人を視野に入れる必要があります。

当然ハードルも高くなり、自分の実績やスキルをしっかり磨いておかないと書類選考の時点で落ちてしまうこともあります。重要なのは実力と実績であり、スキルも経験も無ければ年収ダウンを避けるのが難しいのです。もちろん、中小企業から大企業に移ればそれだけ年収もアップする可能性もあります。

しかし、中途採用はそれだけ倍率が高く、出世も難しくなることは理解しておく必要があります。

大企業の管理者向け求人となればさらにハードルが上がるので、実際の業務成績以外にも積極的に資格の取得を取得するだけでなく、各種ビジネススクールに通う等自己研鑚も必要になるのです。

3.非公開求人も多い

条件の良い求人は非公開の場合も多くなります。これは転職エージェント経由で実務経験者など、条件を満たした人物に打診した方が労力を減らせるからです。

会社のホームページなどで大々的に募集する場合もありますが、この場合はかなりの競争率が想定され、よほど能力自信があるか、その仕事に尽きたいと言うモチベーションがなければ採用は難しくなります。

そのため、多くの転職エージェントサービスに登録し、スカウトメッセージを受け取れるように準備しておくことも重要で、アンテナを広く張ることで仕事を見つけやすくすることも大切なのです。

●上昇志向が重要になる

上昇思考がなければ転職が年収ダウンに直結してしまう場合もあります。

・会社と交渉や調整を行う
・管理者向けの求人を利用する
・非公開の求人を探すために転職エージェントに登録する

など、工夫が必要になります。能力があり、年収に不満がある場合は積極的に会社と交渉を行うのも方法です。会社の意向に従うだけでなく、対等に交渉できるかが能力の目安となるケースもあります。

また、出世や昇給には時間がかかるため管理者向けなど、高いスタートラインを目指す事も重要です。

非公開での求人も多いため、良い仕事を見つけるためには仕事を探すチャンネル数も大きく関わってくるため、年収ダウンを避けるためには積極的な活動も大切になるのです。

希望する年収を明確にしてからお仕事を探す

転職活動をする方々には、たいてい年収に関する不満があります。そして転職活動がその解決策になる事も多いので、それをきっかけにお仕事を探す方も多いです。

その際に、応募先の企業に対して希望年収などを伝えるケースも多々あるのです。ちなみに一部の会社では、それに関わる代行なども行ってくれます。

1.給料に対する不満があるので再就職先を探す

そもそも人々は、必ずしも現在の会社の給料に、満足しているとは限りません。中には、ちょっと少なめだと感じる方も見られるのです。

会社から受け取っている年収が320万前後だとします。それでは不服だと思うケースも、多々ある訳ですね。320万ではなく400万などが妥当と思うなら、他の会社への転職も一法と言えます。

現に他の会社で勤めるようになったら、収入が大きくアップしている事例も多々あるのです。中には数百万ほど年収がアップした事例も見られます。

2.面接時に希望年収を伝える

ところで年収に関する不満がある以上は、もちろん自分なりの希望年収なども存在するものです。

それでいざ転職の面接を受ける場合は、人事担当の方にそれを伝える事もあるのですね。というのも転職活動では、面接にて年収に関わるやり取りをするケースもあります。

例えば人事担当の方から、「当社で働く事になったらどれ位の年収を希望しますか」等と言ってくれる事もあるのです。その際に年収を提示すれば、その給料を約束してくれる事もあります。

3.年収に関わる交渉をする事も

私の年収のやり取りの際に、人事担当と交渉をする事もあるのです。例えば人事担当の方から、当社では350万になります等と伝えられたとします。

この際に面接を受ける応募者としては、もう少し高めな金額を持ちかけてみる方法もあるのです。370万ならば入社します等と伝える方法もあります。

現にその交渉によって、より年収が高めな会社に入社できる事もあるので、試しに交渉をしてみるのも一法なのですね。

ただ交渉をするにしても、自分の希望年収を明確にしておくべきでしょう。金額が曖昧では、交渉も前に進まないからです。

4.エージェントなどに代行をお願いしてみる

ところでどこかの会社への転職を行うとなると、エージェントに任せる方法もあります。いわゆる人材紹介会社などを経由する方法もあるのですが、そこに対しては年収の交渉を任せる事も可能なのですね。

そもそも年収の交渉をするにしても、なかなか言い回しが難しい一面もあるでしょう。言い回し1つで、人事担当に悪い印象を与えてしまいかねません。

それよりエージェントの担当者に任せる方法は、確かに無難な一面もあるのです。ですので交渉が難しいと思った時は、エージェントに相談してみるのも一法でしょう。

●希望年収を決めて転職に臨む

以上をまとめると、次のような事が言えます。

・面接で希望年収を伝える事もある
・希望年収に関わる交渉で給料が上がることも
・エージェントに交渉を任せる選択肢もある

エージェントに任せるにしても、自分で交渉を行うにしても、まずは希望年収を明らかにしておくべきですね。

きちんと自分の希望条件を整理してからエージェントなどに登録をする方が、良いお仕事も見つかりやすくなるでしょう。

天職を見つけるのは難しい。転職を繰り返さないために

天職を見つけるのは難しく、多くの人が何かしらの不満を抱えながら働いています。

仕事をしていても充実感を得られないことから転職を繰り返す人もいますが、天職だと思える仕事を見つけられるのはごく一握りで、ある程度の妥協や現実的な選択をとらざるを得ないのです。何を持って天職とするかを深く考える必要があります。

転職エージェントでおすすめはこちら

1.漠然とした不満ではなく、やりたいことを明確に

仕事に対して不満を抱える人は多いものの、どのように不満を抱えるかは人によって違います。不満の種類を正確に分析することも重要で、思い込みで動けばまた同じことの繰り返しになってしまいます。

例えば、仕事がうまくいかない理由を企業の体制の性にしてしまうことはよくあることです。自分の実力不足であっても、身近に不満をぶつける対象があればぶつけてしまうのが人間の性質といえます。

いわゆる八つ当たりで、人間関係で八つ当たりを頻繁に受けることから職を変えることを考えた人も多いはずです。

実際に会社の企業体質自体に問題がある場合や、人員配置に問題があるケースもありますが、自分の不満は果たして客観的に見ても正当なものであるかは考える必要があるのです。

2.解決策は転職以外にないのか

多くの人はある程度の不満を抱えながら仕事をしています。天職を見つけても何かしらのハードルで辛くなることは存在するため、常に楽しい状態を維持するのはほぼ不可能といえます。

また、適正があるのと充実感が伴うはまた別の話なので、天職を自分で自覚しているとも限らないのもポイントになります。大切なのは問題解決能力で、実際に壁にぶつかった際にどう解決していくかです。

ただ問題を解決するだけでなく、周囲の環境やシステムを巻き込んで改善してしまう人もいます。これはリーダー気質であるだけでなく、集団での生産性を挙げる適性が高い証左とも言えます。

一方であくまで個人で解決することにこだわるようであれば組織の中で限界をきたす可能性もあります。責任感が強いことは良いことですが、独立起業の方が向いている可能性もあるため、視野を広く持って考えることも大切です。

3.業種や業務は適正か

天職を見つけることは難しいものですが、自分がやりたいことと業種や業務が乖離している可能性もあります。

条件中心で仕事を選んだ場合に起こりがちな事ですが、例えば成果を挙げただけ評価されたい人は、事務系の仕事にはあまり向いていないと言えます。

逆に環境の変化に弱く、地道に一つのことをつづけることに喜びを見出す人は事務系の仕事の方があっています。天職を見つけたいのであればある程度のリスクは覚悟し、給料が下がることや労働条件が悪くなることも覚悟した方が良いのです。

もちろん、適正があれば新しい職場で出世を重ねられる可能性もあります。大きな企業であれば配置転換などを申し出てから転職を考えるなど、出来ることをやってからの方が後悔する確率は減ります。

●天職はなかなか見つからないもの

天職を見つけるのはなかなか難しく、様々なハードルが立ちふさがります。しっかりを状況をまとめることも重要で、

・やりたいことを明確にする
・解決策は転職以外にないのか確認する
・業種や業務は適正化

など、自分の目的や適性を見極めることも大切になります。

天職を繰り返さないためにも条件よりも充実感を選ぶと言うのも一つの方法ですが、転職より先に配置転換を願い出ることから始めるなど、自分自身の能力の検証をしてからの方が転職に生かしやすくなります。

【意外と馬鹿に出来ない】転職時期などを占いで決める

科学がはびこっているこの現代社会において、占いで転職する時期や方位を決めるのは一見すると非科学的な事のように感じます。

ですが過去の仕事がうまくいかなかった時期・ハズレの仕事などを占いで見返してみると、占いの方位や仕事運などともピタリと一致している事も多いのです。

転職する際には複数の求人に迷うような事があったら、ゲンを担ぐつもりで占いを利用してみるのも良いかもしれません。

転職|30代、40代の転職は【ミドルの転職】エンジャパン

1.転職の際には四柱推命の吉報位がとても大事!

占いの中でもよく当たると人気なのが四柱推命です。良い時期や悪い時期などを歳や月ごとに導き出してくれたり、行動を起こしたり転居したりしない方が良い凶方位や、積極的に行動に取り入れたい吉報位なども教えてくれます。

意外とこの吉報位が馬鹿に出来ず、うまくいかなくなり始めた時期や微妙な職場に当たった時期に吉報位を調べてみると、見事凶方位に位置していたなんて事もあるのです。

四柱推命などの占いでは、

・吉方位や凶方位
・月ごと・日ごと・年単位での良い時期・悪い時期
・今がどれほどツイてる時期か・ツイてない時期か

…がわかります。

2.過去や現在の占い結果を調べて当たるサイトを参考にしよう

比較的良く当たるとされている占い方法でも、占いが公開されている本や占い師などによっても占い結果には差があり、当たる・当たらないという事にも差があります。

インターネットなどで占いを参考にする場合、過去の占い結果をチェックしてみてください。過去の自分と過去の占い結果がよく一致しているサイトを参考にした方が、これからの自分を占う際にも当たる可能性が高いかもしれません。

占いを気にするタイプの人はそういったサイトを参考に吉方位・凶方位を確認し、転職する際の会社選びに活用するのが良いでしょう。

3.占いはあくまでも参考程度に

占いを気にするあまり、良い条件の求人を出している会社が吉方位ではなかった…など、なにかと方位を会社を受けない理由にしてしまうと、転職の機会を多く逃してしまう事にもつながりかねません。

とても良く当たる占いの場合は凶方位にだけとりあえず気を付ける事にして、あくまでも参考程度に留め、みすみす良い求人を受けるチャンスを逃さないようにするのが無難と言えます。

凶方位や運勢が悪い時期の転職は、入ってすぐに悪い事が起こる場合もあれば、運勢が悪い時期に会社を選んだ数年後にとても悪い事が起こる場合など、様々です。

占いのせいではなくただ運が悪かった・考えすぎと言わればそれまでですが、あらかじめ運勢・方位を調べておく事で悪い運気のある方位を避け、良い方位だった場合には選択は間違っていないと思う事が出来、求人に積極的に応募できる手助けとなってくれるかもしれません。

●占いは良い暇つぶしにも

無職の時には暇な事も多いですから、次の職場へ思いを馳せつつ占いをしてみるのも良いでしょう。

吉報位は意外と馬鹿に出来ないですし、よく当たる占いの為毎年新年になると書籍をわざわざ購入している人もいる程です。あくまで参考にしつつ、転職活動に占いを取り入れてみると良いでしょう。