希望する年収を明確にしてからお仕事を探す

転職活動をする方々には、たいてい年収に関する不満があります。そして転職活動がその解決策になる事も多いので、それをきっかけにお仕事を探す方も多いです。

その際に、応募先の企業に対して希望年収などを伝えるケースも多々あるのです。ちなみに一部の会社では、それに関わる代行なども行ってくれます。

1.給料に対する不満があるので再就職先を探す

そもそも人々は、必ずしも現在の会社の給料に、満足しているとは限りません。中には、ちょっと少なめだと感じる方も見られるのです。

会社から受け取っている年収が320万前後だとします。それでは不服だと思うケースも、多々ある訳ですね。320万ではなく400万などが妥当と思うなら、他の会社への転職も一法と言えます。

現に他の会社で勤めるようになったら、収入が大きくアップしている事例も多々あるのです。中には数百万ほど年収がアップした事例も見られます。

2.面接時に希望年収を伝える

ところで年収に関する不満がある以上は、もちろん自分なりの希望年収なども存在するものです。

それでいざ転職の面接を受ける場合は、人事担当の方にそれを伝える事もあるのですね。というのも転職活動では、面接にて年収に関わるやり取りをするケースもあります。

例えば人事担当の方から、「当社で働く事になったらどれ位の年収を希望しますか」等と言ってくれる事もあるのです。その際に年収を提示すれば、その給料を約束してくれる事もあります。

3.年収に関わる交渉をする事も

私の年収のやり取りの際に、人事担当と交渉をする事もあるのです。例えば人事担当の方から、当社では350万になります等と伝えられたとします。

この際に面接を受ける応募者としては、もう少し高めな金額を持ちかけてみる方法もあるのです。370万ならば入社します等と伝える方法もあります。

現にその交渉によって、より年収が高めな会社に入社できる事もあるので、試しに交渉をしてみるのも一法なのですね。

ただ交渉をするにしても、自分の希望年収を明確にしておくべきでしょう。金額が曖昧では、交渉も前に進まないからです。

4.エージェントなどに代行をお願いしてみる

ところでどこかの会社への転職を行うとなると、エージェントに任せる方法もあります。いわゆる人材紹介会社などを経由する方法もあるのですが、そこに対しては年収の交渉を任せる事も可能なのですね。

そもそも年収の交渉をするにしても、なかなか言い回しが難しい一面もあるでしょう。言い回し1つで、人事担当に悪い印象を与えてしまいかねません。

それよりエージェントの担当者に任せる方法は、確かに無難な一面もあるのです。ですので交渉が難しいと思った時は、エージェントに相談してみるのも一法でしょう。

知らないと損をする!『人材紹介サービス』徹底活用術|【Tech総研】

●希望年収を決めて転職に臨む

以上をまとめると、次のような事が言えます。

・面接で希望年収を伝える事もある
・希望年収に関わる交渉で給料が上がることも
・エージェントに交渉を任せる選択肢もある

エージェントに任せるにしても、自分で交渉を行うにしても、まずは希望年収を明らかにしておくべきですね。

きちんと自分の希望条件を整理してからエージェントなどに登録をする方が、良いお仕事も見つかりやすくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です