経理担当者のための転職心得を紹介します

会社のバックオフィスに必ず必要な人材として上げられるのは経理です。特に専門職の強い仕事となるので企業側も新卒を一から育てるという形よりもある程度知識のある担当者を中途で採用することが多く。

また、急な退職に対応するために経理経験者を求める場合が多いです。そのためにも転職には多少のコツが必要です。

転職トレンド「ベンチャー企業が、上場体制構築を一手に担う経理

1.簿記以外に必要な経理スキル

転職の際に必要なスキルとして履歴書上で重要視されるのは「EXCELスキル」です。膨大な量の数値を扱う経理の仕事はEXCELを駆使することが多いです。

EXCELが使いこなせるか使いこなせないかで、会計数値を取りまとめる時間や正確性が大きく変わります。そのため企業が求める経理の人材には簿記知識はもちろんんことEXCELスキルが大前提となります。

そのもっともたるスキルに「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」があげられます。

履歴書にスキルが記載されているかどうかで人事担当者及び会計担当者はあなたがどれくらいEXCELを使いこなせるのかを一目でわかるすばらしい資格です。

いくら私はこんな風に数値を集計できますといってもやはり資格あるとないとは心象が違います。資格取得自体は独学でとても大変というものではありません。

業務で使っている方ならば資格取得が出来る可能性が高いので、転職活動を行う前に一度チャレンジしてみてください。

PCスキル以外に必要なものは「英語」です。現在、海外に拠点を事業所がある会社も少なくありません。

英語が話せなくても書類上英語を使う。ほとんど必要ないけれど海外事業所の経費を精算するのに領収書が英語記載になっているためある程度の知識は必要になる。

シチュエーションはさまざまです。「英語検定」「TOEIC」など英語スキルに関する資格は多種多様あります。
外資企業などを転職先の候補に挙げている方はこちらも有利に転職を進めることが出来るのでオススメです

2.転職活動するときは必ず転職エージェントを利用する

新卒での入社と違い転職活動は自分ひとりではなく、転職エージェントを利用することが大切です。

エージェントを利用することにより自分ひとりではとても集められない求人数の中から自分の希望に合った条件をある程度絞って紹介をしてもらえます。

その点でも通常の仕事を抱えて転職活動をする負担が減ります。自分の転職を希望する企業で働く人の雰囲気などエージェントの方から話を聞けたりと事前の情報がたくさんもらえるのもメリットです。

現在の転職状況などを話が聴けるなど自分にとってメリットが多いんで一度は利用してみると良いでしょう。

3.経理の求人数は圧倒的に秋口から急増する

なぜ秋口に求人が増加するのか?その答えは決算時期にあります。日本の企業の多くの決算期は3月です。人材が付属している経理部に関して、繁忙期といえる3月及び4月に採用するということはまずありません。

採用したところで業務を教えたりする余力がそもそも決算期におけるチーム内ではないに等しいからです。

逆に言えば、一番経理という仕事が繁忙期を迎える4月の決算処理作業を行う人材を採用するのは逆算して半年ほどまえです。

そう、10月、11月ごろに採用をして会社に慣れてもらう意図に加え月次作業を数回繰り返すことにより決算に向けての基礎知識を増やすということです。

そのため、多くの企業は年末年始前を避けて秋口に経理の求人採用を始めることが多いためです。

●以上の観点から

効率的に転職活動を行うには、秋口に転職活動をはじめることを目標に夏頃までに必要な資格を取得する。

夏から秋にかけて転職エージェントに登録し、エージェントと具体的な転職活動の話を聴く。秋口の求人が増えるころに本格的な転職活動を行うことにより多くの優良な求人に出会うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です