転職で、年収ダウンを避ける方法とは

転職をしても年収が上がるとは限らず、逆にダウンしてしまうこともあります。これは各種手当の問題だけでなく、企業規模の影響もあるからで、中には減給や降格を制度として設定している企業もあります。

入社時よりも待遇が良くなる企業ばかりではないため、その点も良く確認しておくことが重要です。

1.交渉や調整も重要

転職の際に年収が下がることも多く、これは主に大手企業から中小企業などへ企業規模が小さくなった際に起こりがちです。

手取りだけでなく福利厚生面にも注意する必要があり、会社独自の年金制度を設けていないなど、制度自体が全く異なる場合もあります。

年収を維持するには何らかの役職に就くことや年収の交渉など、事前の調整が必要になることも多くなります。ただ求人に応募するだけでなく、自分を高く売り込むことが重要になってくるのです。

年収アップのための給与交渉術 希望額提示編|転職 … – イーキャリア

2.管理者向け求人などを活用する

年収ダウンを避けるためのポイントは、管理者向け求人や、それより上のエグゼクティブクラスの求人を視野に入れる必要があります。

当然ハードルも高くなり、自分の実績やスキルをしっかり磨いておかないと書類選考の時点で落ちてしまうこともあります。重要なのは実力と実績であり、スキルも経験も無ければ年収ダウンを避けるのが難しいのです。もちろん、中小企業から大企業に移ればそれだけ年収もアップする可能性もあります。

しかし、中途採用はそれだけ倍率が高く、出世も難しくなることは理解しておく必要があります。

大企業の管理者向け求人となればさらにハードルが上がるので、実際の業務成績以外にも積極的に資格の取得を取得するだけでなく、各種ビジネススクールに通う等自己研鑚も必要になるのです。

3.非公開求人も多い

条件の良い求人は非公開の場合も多くなります。これは転職エージェント経由で実務経験者など、条件を満たした人物に打診した方が労力を減らせるからです。

会社のホームページなどで大々的に募集する場合もありますが、この場合はかなりの競争率が想定され、よほど能力自信があるか、その仕事に尽きたいと言うモチベーションがなければ採用は難しくなります。

そのため、多くの転職エージェントサービスに登録し、スカウトメッセージを受け取れるように準備しておくことも重要で、アンテナを広く張ることで仕事を見つけやすくすることも大切なのです。

●上昇志向が重要になる

上昇思考がなければ転職が年収ダウンに直結してしまう場合もあります。

・会社と交渉や調整を行う
・管理者向けの求人を利用する
・非公開の求人を探すために転職エージェントに登録する

など、工夫が必要になります。能力があり、年収に不満がある場合は積極的に会社と交渉を行うのも方法です。会社の意向に従うだけでなく、対等に交渉できるかが能力の目安となるケースもあります。

また、出世や昇給には時間がかかるため管理者向けなど、高いスタートラインを目指す事も重要です。

非公開での求人も多いため、良い仕事を見つけるためには仕事を探すチャンネル数も大きく関わってくるため、年収ダウンを避けるためには積極的な活動も大切になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です