転職でものづくりを目指す際のポイントは

仕事を始めてからものづくりに目覚め、転職を視野に入れる人もいます。ものづくりでも様々な種類があり、職人の下で修業が必要なものから、ロボットなどの専門分野まで幅広く扱っています。

どの段階に加わるかも重要で、産業の規模自体を含めて深く検討する必要があります。

1.産業自体の規模も重要になってくる

ものづくりにチャレンジしたいと思っても、それで食べていけるかは重要な問題になります。

特にものづくりを始めたばかりの場合は収入的な余裕がないケースが多く、家族の理解を得られるか、生活が成り立つかが大切になってくるのです。

産業として成長している場合や、伸び盛りの分野の場合は最初から収入も高めになることが多いものの、生き残りが厳しいケースも出てきます。

総合的なバランスで考えることも重要で、就職して出だしは良くても会社自体が無くなる等、後々のトラブルを避けるためにも下調べが重要になります。

2.直接作るのか、販売にまわるのか

ものづくりはただ物を作るだけでなく、流通や販売、管理など様々な仕事があります。職人芸の世界では専門の人員が少ないこともありますが、自分で作る以外にもものづくりを支える人間は必ず必要になるのです。

また、独立を視野にものづくりを学ぶのであれば、市場原理や販路開拓の知識があるかどうかでもだいぶ変わってきます。

ネットで販売することも珍しくない時代ですが、ネットは情報が氾濫しているため目立ちづらいと言う欠点もあります。

ものづくりにどのようにかかわっていくか、将来何をしたいかでも学ぶべきことが変わってきます。漠然としていると転職後の後悔に繋がることもあるため、ある程度考えておく必要があります。

3.ライフスタイルも変化させられるか

伝統工芸や職人技が必要な世界になってくると、ただ技術を磨くだけでなく、素材や加工に合わせた生活サイクルが重要になることもあります。

これは湿度や温度で素材の特性が変化し、一定条件下でしか使えない技法も存在するからです。

仕上がりに影響するためにものづくりが中心の生活になることもあるため、ライフスタイルを変えられるかどうかも重要になる場合があるのです。

また、必要な知識が多いために自主的に勉強する時間を増やさなければ対処できない場合もあります。

そのため、自分が作りたいものがどうやってできているか事前に調べることも重要で、覚悟や体調管理が足りないと挫折の原因になってしまうこともあるのです。

特に年齢が上がってからの転職は体力面できつくなることも多いため、身体がなまっているようであればジョギングやジムで体を鍛え治す等、体力面での調整が必要になってくることもあるのです。

●覚悟だけでは足りなくなることも

ものづくりと一言で行っても範囲は広く、何を目指すかでもハードルが変わってきます。主な点をまとめるだけでも、

・産業自体の規模と将来性
・直接作るか、販売などにまわるか
・ライフスタイルの変化に対応できるか

など、事前の調査や調整が重要になることがわかります。将来的に独立を視野に入れる場合はただ作りたいだけでは済まない場合が多く、産業の成り立ちや流通法なども意識することが大切になってきます。

特に年齢を重ねてからの転職は体力的に厳しくなることも多いため、身体の管理なども重要になってくるのです。

転職活動ノウハウ<応募>憧れのあの職種に転職するには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です